小山ブランドのこと

小山市を全国に発信します

 小山市は、「水と緑と大地」の豊かな自然環境と古い歴史を有し、東京圏からわずか60kmの新幹線の停車する鉄道・国道ともに交差する交通の要衝として、これからも大いに発展する可能性を持つまちです。
 市では、これらの豊かな自然環境と、人々の高い技術によって生み出される産品をブランド化し、全国に発信していこうと2002年度から、7分野に亘って「おやまブランド」の創生運動に着手しています。

1. 農畜産物・加工品・工芸品のブランド化

おやま和牛

世界のセレブたちにも提供される「おやま和牛」

 小山市は、「はとむぎ」の生産量が国内有数を誇り、「キュウリ、レタス、大根」の生産量が県下一。黒毛和牛の生産も県下一で、とちぎ和牛の約4割は、肉質も極上、他の有名和牛などにも引けを取らない高品質の「おやま和牛」が占めており、2007年からはアメリカ合衆国へも輸出されています。

 ユネスコ無形文化遺産に登録された「本場結城紬」を始め、「間々田ひも」や「下野人形」などの伝統工芸品も、受け継がれる卓越の美として目を見張るものがあります。

2. 歴史のブランド化

国指定史跡

国指定史跡「琵琶塚古墳」「摩利支天塚古墳」

 温暖な気候と豊かな自然に恵まれた小山の大地には、古くから人々が集い、寺野東遺跡、琵琶塚古墳、衹園城など7カ所もの国指定史跡があり、徳川三百年を決定づけ、山内一豊の立身出世の道筋を付けたと云われる史実「小山評定 -おやまひょうじょう- 」が開かれた地であるなど、指折りの「歴史のまち」、「開運のまち」です。

3. 思川・思川桜・渡良瀬遊水地のブランド化

思川

市民が愛して止まない「思川」

 小山のどまん中を流れる市のシンボル、母なる川、清流思川には鮎が群れ、鮭が遡上します。また、「流し雛」や花火大会などのイベントも数多く開催されています。2001年からは、小山原産の市花「思川桜」を思川堤に「桜の里親制度」により毎年植樹しており、思川堤防全線を「歴史と水と緑と大地」の回廊として整備しています。2009年からは、毎年4月に思川ざくらマラソンも開催されています。

 また、小山の「宝」である渡良瀬遊水地が、2012年7月3日に世界のラムサール条約湿地に登録され、貴重な動植物の宝庫なっています。

4. 工業技術のブランド化

工業団地

良好なアクセスで需要が高い小山の工業団地

 小山市は東京をはじめとする各方面へのアクセスが良好であり、地形は起伏が少なく、自然災害に強い安全なまちです。そのため、多くの工場が集まり、世界に誇る技術を持った企業がいくつもあります。

 また、小山工業高等専門学校や関東職業能力開発大学校など、ものづくりの学校も揃っているなど、関東を代表する工業都市であります。

5. ハンドベル・花火のブランド化

おやまの花火

歴史、規模、迫力などから関東一との呼び声もある「おやまの花火」

 小山では、日本のトップレベルの実力を持つ「白鷗大学ハンドベルクワイア」をはじめとして、市民チーム、高専・小中学生・幼稚園など様々なチームが活動し、ハンドベルが愛され、「天使のハーモニー」と言われるハンドベルの音色がいたるところで響いています。また、小山の花火は関東一の規模を誇り、市内外から多くの来場者が訪れる小山を代表するブランドです。

6. スポーツのブランド化

マラソン大会

おやま思川ざくらマラソン大会

 心豊かで元気の良い青少年の育成と、市民の健康づくりのため、「市民ひとり1スポーツ」を推進しています。競泳の萩野公介選手、柔道の海老沼匡選手ら、世界トップレベルの選手を排出している他、プロ野球界でも「小山の三羽烏」成瀬(ヤクルト)、飯原(ヤクルト)、高谷(ソフトバンク)の3選手が大活躍しています。

7. 男女共同参画・ボランティアのブランド化

ボランティア

小山市は県内で最初に男女共同参画都市宣言をした

 小山市には、男女共同参画の先鞭をつけた女性、寒川尼がいます。平安末期に広く勢力を誇った小山市の祖、政光の妻であり、また将軍源頼朝の乳母であった寒川尼は、鎌倉幕府成立に大功あったとして、日本初の女性地頭職に補任されました。2001年には県内初の男女共同参画都市宣言をしています。

 また、小山市は、「広がれ 市民ひとり1ボランティア」を推進しており、すべての市民が、豊かな個性を大切に持ちながら意欲的に取り組みいきいきと活動しています。小山市はこのように、女性やボランティアの力が生きる「市民力」のまちなのです。

マンガでわかる「おやまブランド」

様々な「おやまブランド品」や「小山ブランド」に関する取り組みを、マンガで分かりやすく紹介していきます。
「小山ブランド創生協議会」と市内にある「国際テクニカルデザイン☆自動車専門学校」が協同して、企画・取材・制作していきます。

まんがの内容について
~おやま肥育牛部会からのお知らせ~

このまんがは、東日本大震災及びそれに伴う福島原発事故以前に執筆されています。
 まんが中、子牛は福島から購入していると書かれていますが、原発事故後は放射線の影響の無い地域から、検査を受けた安全な子牛を購入することとしています。

また、おやま和牛は和牛格付けA3ランク以上を認定していますが、A4、A5ランクをより多く生産しています。
 おやま肥育牛部会は、今後も全ての肥育牛が最高A5ランクの評価を得られるよう、愛情を込めた飼育と研究を続けています。

主人公

八竜  晃
八竜 晃
やりゅう あきら

高校2年生。
高校入学時に小山市へ引っ越してきた。
ゲームやパソコンが得意で、イラストも上手く手先も器用。成績も優秀だが、将来の目標や夢はなく、周りにあわせる消極的タイプ。

田川  心
田川 心
たがわ こころ

高校2年生。
小山市生まれで在住。
調理師を目指す元気いっぱいな女の子。
自然や体を動かすことが大好き、面倒見は良いが、やや頑固。
なんでもやってみるタイプ。

  • 第一話 おやま和牛
  • 第二話 日本一のはとむぎ
  • 第三話 本場結城紬

おやまブランドに関するパンフレットなど

PDF形式の書類が開きます

  • pdf1

    開運のまち おやまブランド
    おやまの特産品や伝統工芸品・芸能をご紹介

    7.5M

  • 開運のまち おやま
    小山の歴史や小山評定由緒の遺跡マップなどをご紹介

    1.4MB

  • 開運おやまうどんパンフレット

    開運のまち 小山うどん
    小山市の「水と緑と大地」の素材でつくるうどんのお店をご紹介

    137.5MB

  • 本場結城紬パンフレット

    本場結城紬
    重要無形文化財「本場結城紬」をご紹介

    736KB